フォト
無料ブログはココログ

« ごはんや まいどおおきに食堂 廿日市食堂 | トップページ | ガンダムエリアウォーズ 総力戦 キリマンジャロ攻略作戦 参戦中 »

2013/02/08

顎下腺唾石症 手術編

昨年末の入院からはや二ヶ月。

(顎下腺唾石症 入院編

いよいよ手術のため入院となりました。

顎下腺にできた結石を顎下腺ごと摘出しようという手術。

CTスキャンで撮ったデータを3D化して見せてもらったけど、結石が難しい位置にあるとのことで、顎の下を切って顎下腺ごと摘出することになった。

口の中を切開して石を取り出す手術なら、局部麻酔で入院せずに済むらしいのですが。。。

1/30(水)

本日から入院。

10時に耳鼻咽喉科受付に集合して病棟へ向かうが、病室の準備ができていなくて食堂でだいぶうだうだしてしまった。

こんなことなら午後からでもよかったろうに。。。

午後には、明日の手術の説明などを簡単にしてもらった。

20130130_0001

20130130_0002

お昼と晩のご飯は普通に頂きました。

明日、手術なので朝から絶飲食。

これが最後の晩餐にならなければいいが。。。

1/31(木)

いよいよ手術日。

朝から飲み食いが出来ず、のどが渇くね。

点滴などの手術の準備をするものの、手持無沙汰。

15:30頃、手術着に着替えて手術室へ徒歩で向かう。

仰々しい手術室の手術台?に横になり、麻酔やらの準備が始まり、間もなく意識を失った。

。。。

次に意識が戻ったのは、手術が終了して手術室から病棟へ向かうベッドの上だった。

酸素マスクやら、手足にいろんなものがつけられているらしく、身動きが取れない。

病室へ到着し、心電計やらその他器機を設置。

手術室を出る際に着替えさせてもらったと思われる、えっちゃんが実家から借りてきた浴衣と帯が洒落てるね、などとえっちゃんと看護士さんがのんきに話をしていると。。。

執刀医のセンセが様子を見に来てくれた。

位置が難しく、結石を除去できなかったことなど説明してもらったが。。。

喉が苦しく息苦しいことを訴えると、どうやら内部の出血が止まっていないことが発覚!!

切った周辺が腫れて、のどを圧迫し、息苦しくなっていたようだ。

自分では分からなかったが、尋常ではない腫れ方だったようだ。

えっちゃん曰く、ジャバ・ザ・ハットの様だったと。

にわかに周辺が慌ただしくなり、緊急オペのために手術室へ逆戻りすることに。

マジでヤバイと思ったぜ。

終わったと思ったのにまたかよぅ。。。

さっきとは明らかに違うスピードで手術の準備が進み、あれよあれよという間に手術台に乗せられた。

喉に麻酔をしながら送気菅を突っ込まれ、いつの間にか意識を失った。

。。。

麻酔から覚めた時は、呼吸が楽になっていた。

でも、両手には点滴と心電計、両足にはエコノミークラス症候群を防止するための器械がつけられ身動きが取れない。

おかげで、腰が痛いのに動かすことができない。

また、尿道から膀胱へかけておしっこ用のチューブが入れられ、尿意を催したような感覚が続いて不愉快この上なし。

朝までこの状態が続くと思うと、また絶望感に襲われた。

後から聞いた話では、緊急オペで再度切開した際、出血がピューっと出ていたので、すぐに処置できたそうだ。

2/1(金)

腰の痛みと膀胱への刺激に耐えながら、朝までの時間は永遠に感じられた。

朝、診察を受けて器機を外してもらい、やっと手術が終わったような気がしたよ。

ただし、傷口からはドレンチューブが出てるけどね。

自由になってみると、送気菅のために傷ついたと思われる上下の唇が痛い。

手術の傷は思ったほど痛くなかった。

20130201_0003

20130201_0004

お昼から流動食が始まった。

食べごたえはないけれど、結構おいしいのだ。

いろんな看護師さんが、口々に大変でしたねぇ、というので、緊急オペは異例の事態だったようだ。

また、みんなが撤収した後に出血などしていたら、この世とおさらばしていたかもしれないと思うと、ぞっとするね。

2/2(土)

20130202_0005

20130202_0006

流動食を卒業。

大きく口を開けなければ、大概のものは食べられそう。

まだ、顔の形が変わるくらい腫れてる。

ジャバ・ザ・ハットからバナナマンの日村君くらいにはなっただろうか。

2/3(日)

20130203_0007

20130203_0010

午前中に診察と朝晩の点滴以外はやることなく、手持無沙汰。

20130203_0008

20130203_0009

iPhoneスタンド。

TVでやっていたのを真似してみたよ。

20130203_0011

20130203_0012

節分なので、鰯とまめが出たよ。

鰯は、数が減って最近は高級魚の仲間入り?

芋粥がなかなか乙な味でした。

2/4(月)

午前中の診察で、ドレンチューブを外してもらったよ。

シャワーの許可をもらったので、少しさっぱりした。

えっちゃんが持ってきた、シャアザクTシャツに着替えたオレは、陽気なヲタクに見えるに違いない。

病棟内は半袖でいられるくらい暖かいのだ。

20130204_0013

20130204_0014

20130204_0016

20130204_0017_2

入院中の薬は、1回分ずつセットになっている優れものだ。

夕食が18時過ぎなので、小腹が空いたら、差し入れのパンを内緒でかじってやるぜ。

緊急オペで死にそうになったとは思えない回復力。

さすが、異能生存体。。。 

2/5(火)

今日は、赤いトランスフォーマーのTシャツにしてやったぜ。

派手なオヤジヲタクと思われているに違いない。

この勢いなら、週末ごろには退院できそうだ!

20130205_0018

20130205_0019

20130205_0020

2/6(水)

経過良好。

腫れがだいぶ引いて、普段の生活には支障ないくらいになってきた。

明日の診察で抜糸して、状況が良ければ退院できそう。

20130206_0021

20130206_0022

20130206_0023

2/7(木)

20130207_0024

午前中に抜糸してもらい、めでたく退院。

請求書を見ると、麻酔代他が緊急オペ分も請求されてた。

やっぱり、自分が払うのか。。。

顎下腺炎の再発防止なので、お医者さん的には、顎下腺摘出で目的は達せられたようだが、結石を除去できなかったので、自分は不満。

炎症を起こす部分がなくなったので、結石が残っていても問題ないのだそうな。

手術前は、かなり健康に過ごしていただけに、敢えて怪我をして痛くなったように感じるのは、自分の気のせいかな?

ほぼ、普通の生活ができるとはいえ、傷が治るまでにはしばらくかかりそうで、少し痛みも残っています。

ああ、ほんとに治るのはいつだろう?

少しのんびりさせてもらって、月曜日から出社予定であります。

« ごはんや まいどおおきに食堂 廿日市食堂 | トップページ | ガンダムエリアウォーズ 総力戦 キリマンジャロ攻略作戦 参戦中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大変でしたね(´・ω・`)
無事手術終って良かったです( ´ ▽ ` )ノ
お身体をお大事に( *´ ▽ ` )b

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567426/56722886

この記事へのトラックバック一覧です: 顎下腺唾石症 手術編:

« ごはんや まいどおおきに食堂 廿日市食堂 | トップページ | ガンダムエリアウォーズ 総力戦 キリマンジャロ攻略作戦 参戦中 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

天気予報